配当金

 生命保険会社が決算で生じた剰余金を契約者に分配する際のお金のこと。保険料は予定死亡率、予定利率、予定事業費率をもとに算定される。

 ある程度安全性を見込んでおり、これら予定率と実際の死亡者数、運用利回り、事業費との差が剰余金となる。

 但し、運用成績が予定を下回ったり、天災などで死亡率が上がった場合、配当金がないこともある。

有配当保険:毎年配当タイプの保険、5 年ごと利差配当付保険など
無配当保険:配当の分配のない仕組みの保険

配当金の受取方法:積立、買増、相殺、現金など
※保険会社によって違う場合がある。




スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。