学資保険はホントに必要なのか?

子供のために、なんとかお金を貯めておいてあげたいと思うのは親心としてとても当然のことです。

ですが、学資保険は入らなければならないものではありませんし、それで家計が火の車になってしまうのであれば、あまり意味がありません。

家族の、ライフプランや、収入状況さらには、保険の加入状況をきちんと把握して、それで必要であり、資金的にもショートしないというのであれば入るのがよいと思います。

ですから、

(1)子供の成長段階でどのようなお金が必要になるか?
(2)同じような保険にいくつも入っていないか?
(3)毎月どれくらいなら学資保険に支払うことができるか?

などをきちんと理解して、資金計画をたてながら学資保険に入るかどうかを決定しましょう。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。