民間保険会社の学資保険

学資保険といえばかんぽの保険のイメージが強かったのですが、官から民への流れの中、各社も魅力的な学資保険を出し始めています。

たとえば、ソニー生命の学資保険は、インターネットを利用したダイレクト販売で、中間コストをかけずに、安い保険料で充実した保障内容を確保しています。
満期時が15歳と18歳の2つからしか選べない郵便局と比べ、満期時を17歳、18歳、20歳、22歳の4パターンに設定しているというきめの細かさです。

今後民間の保険会社からさらに魅力的な商品が出てくるかも知れません。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。