学資保険の必要性

金利のいい昔は、預けた金額より多くの金額を必要な時に受け取ることができたので学資保険に加入するメリットはありましたが、悲しいかな今は預けたお金より受け取る金額は少なくなっています。

それなら、定期で貯金しておいたほうがよいのでは?と考えがちですが、出資者である親が入院・死亡など不慮の際は、保険料を毎月払わなくてもよいという最大のメリットがあります。

年齢が高くなって加入すると保険料は高くなるので子供の時から終身保険に加入してしまえば一生安い価格でOKなのです!

貯蓄部分が大きく、保障の少ない学資保険に加入しておけば、掛け捨てで安くて保障の大きい入院保障に加入しておく必要があるので注意ですね!

スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/122193467
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。